薄毛対策をする時、ちょっと注意して生活して欲しいのが「笑顔でいる」ということです。
笑うことは薄毛の原因でもあるストレスを軽減させることに効果がありますが、実は物理的にもちゃんと効果があります。

表情が何も無いときの顔の筋肉は下がってしまっている状態なので、当然頭の皮膚も舌に引っ張られている状態となります。
つまり頭皮が引っ張られていることで頭皮の血流が悪くなってしまい、髪に十分な栄養が行き届かない可能性があるのです。

あまりイメージが湧かないかもしれませんが、実は頭皮は非常に凝りやすいポイントで、眼精疲労による凝りでも頭皮に影響が及んでしまいます。
ちょっと頭皮が張っているかな?と感じたときは表情筋を動かしてみたり、頭皮マッサージを行なって頭皮の血行改善に努めてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る