切れ毛を増やしてしまう習慣とは?

髪の毛の切れ毛は、直接薄毛の原因にはならないものの、切れ毛になってしまうということは髪の毛に栄養が行き渡らなくなり髪が健康ではないということですので、気が付いたら対策する必要があります。

切れ毛になってしまう原因として1番に挙げられるのが、ドライヤーやアイロンによる熱のダメージですので、熱を直接、髪に当てるのではなく、髪を熱から守ってくれるミルクやスプレー等を事前に付けて保護しましょう。

そして、偏った食生活により、髪に本来必要な栄養が届かなくなりますので、必然的に切れ毛や抜け毛の原因にもなったりするのです。

このように、ちょっとしたことが原因で髪の毛へのダメージは溜まってしまいますので、ダメージにならないように、髪のためになることを優先して行い、切れ毛を減らしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る