円形脱毛症は年齢性別関係なく発症する可能性のある脱毛症です。
突然円形か楕円形の脱毛が起こるのが大きな特徴で、毛の抜けている部分を触ると簡単に周辺の毛も抜けてしまいます。

この円形脱毛症の原因として考えられるのはいくつかありますが、現在では自己免疫疾患が最も信頼性のある原因と考えられています。
本来自分の身体を外敵から守ってくれている自己免疫が、何らかがきっかけとなり誤って自分の毛根を異物と勘違いしてしまい攻撃、破壊をしてしまうため髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

この自己免疫の異常が円形脱毛症の原因となっているのですが、なぜ毛根を攻撃してしまうのかの深い要因は未だ解明されていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る