タバコを吸っている方はそれだけで薄毛のリスクが上がってしまいます。
元気な髪の毛を作るためには血流が非常に大切ですが、タバコを吸うことで一時的に毛細血管が縮小してしまうと、髪の毛に元気がなくなったり抜け毛が増えてしまったりするのです。

また他にも煙草を吸うことで男性ホルモンの分泌が30%増えると、直接的ではないにしろ薄毛の原因になります。
更に薄毛の直接の原因となるジヒドロテストロンも喫煙者は多いと言われています。

急に禁煙をしようとしても、今度はストレスが溜まってしまい結局は薄毛の原因を作り出してしまうことになりますから、いきなりやめるのではなく、徐々に吸う量を減らしていくというようにして薄毛対策に繋げてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る