養毛剤・育毛剤・発毛剤の違い

長くフサフサの髪の毛で過ごす為には、養毛剤や育毛剤、発毛剤を上手く使い分けていくことが大切です。
これら3つのアイテムはとても似ていて違いが分かりにくいですが、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

まず養毛剤は頭皮と毛髪の健康維持を目的としており、頭皮と髪に適切な水分と油分を与えます。
現在生えている髪の毛を外敵から守り、受けているダメージを修復してくれるのも特徴で、今はまだ薄毛は気にならないけど将来的に抜け毛が増えたりしたら嫌だという方の予防としておすすめです。

次に育毛剤は抜け毛予防をメインにしたアイテムで、積極的に発毛を促すことはありませんが頭皮環境を整える効果があるため、毛の薄い部分からの発毛を促すものになります。
少し薄毛が気になり始めたという方におすすめです。

最後に発毛剤は発毛促進剤と呼ばれる医薬品で、毛母細胞を活性化させることで髪の毛が生えるのを促進します。
医薬品として薬局で購入するか、医師の処方により入手することができます。

https://youtu.be/xxQnRyYgo1s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る