筋トレをすると禿げるという噂を聞いたことはありますか?
抜け毛や薄毛の原因として「男性ホルモン」が挙げられますが、筋トレをすると男性ホルモンが多く分泌されることで禿げる、ということらしいです。

しかし男性ホルモンにも、髪の毛を生えさせて活力になる「テストステロン」、薄毛の原因になる「ジヒドロテストステロン」の2種類が存在しています。
もうお分かりだと思いますが、男性ホルモン全てがダメという訳でなく、テストステロンを増やしてジヒドロテストステロンを減らすことが、薄毛対策に繋がるのです。

筋トレはテストステロンの分泌・増加に繋がるため、髪の毛が増える為に良いことだと言えます。
ではなぜ筋トレが薄毛の原因になる、という話が出来たのでしょうか?

筋トレが薄毛にとってプラスになるかマイナスになるかは、その人の体質が大きく関係しています。
実は5αリダクターゼという酵素が多い体質の人は、テストステロンがジヒドロステロンに変換されてしまいやすく、結果的に筋トレをするほど薄毛が進行していくことになるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る